百人一首を職業で検索

「上級官人」の職業検索:17首がヒットしました。

百人一首の検索結果

【006番歌】中納言家持

  かささきのわたせるはしにおくしもの しろきをみれはよそふけにける
 鵲の渡せる橋に置く霜の 白きを見れば夜ぞ更けにける

【011番歌】参議篁

  わたのはらやそしまかけてこきいてぬと ひとにはつけよあまのつりふね
 わたの原八十島かけて漕ぎ出でぬと 人には告げよ海人の釣船

【016番歌】中納言行平

  たちわかれいなはのやまのみねにおふる まつとしきかはいまかへりこむ
 立ち別れいなばの山の峰に生ふる まつとし聞かば今帰り来む

【027番歌】中納言兼輔

  みかのはらわきてなかるるいつみかは いつみきとてかこひしかるらむ
 みかの原わきて流るるいづみ川 いつ見きとてか恋しかるらむ

【039番歌】参議等

  あさちふのをののしのはらしのふれと あまりてなとかひとのこひしき
 浅茅生の小野の篠原忍ぶれど あまりてなどか人の恋しき

【043番歌】権中納言敦忠

  あひみてののちのこころにくらふれは むかしはものをおもはさりけり
 逢ひ見てののちの心にくらぶれば 昔はものを思はざりけり

【044番歌】中納言朝忠

  あふことのたえてしなくはなかなかに ひとをもみをもうらみさらまし
 逢ふことの絶えてしなくはなかなかに 人をも身をも恨みざらまし

【055番歌】大納言公任

  たきのおとはたえてひさしくなりぬれと なこそなかれてなほきこえけれ
 滝の音は絶えて久しくなりぬれど 名こそ流れてなほ聞こえけれ

【063番歌】左京大夫道雅

  いまはたたおもひたえなむとはかりを ひとつてならていふよしもかな
 今はただ思ひ絶えなむとばかりを 人づてならでいふよしもがな

【064番歌】権中納言定頼

  あさほらけうちのかはきりたえたえに あらはれわたるせせのあしろき
 朝ぼらけ宇治の川霧たえだえに あらはれわたる瀬々の網代木

【071番歌】大納言経信

  ゆうされはかとたのいなはおとつれて あしのまろやにあきかせそふく
 夕されば門田の稲葉訪れて 蘆のまろ屋に秋風ぞ吹く

【073番歌】前権中納言匡房

  たかさこのをのへのさくらさきにけり とやまのかすみたたすもあらなむ
 高砂の尾の上の桜咲きにけり 外山のかすみ立たずもあらなむ

【079番歌】左京大夫顕輔

  あきかせにたなひくくものたえまより もれいつるつきのかけのさやけさ
 秋風にたなびく雲のたえ間より 漏れ出づる月の影のさやけさ

【083番歌】皇太后宮大夫俊成

  よのなかよみちこそなけれおもひいる やまのおくにもしかそなくなる
 世の中よ道こそなけれ思ひ入る 山の奥にも鹿ぞ鳴くなる

【094番歌】参議雅経

  みよしののやまのあきかせさよふけて ふるさとさむくころもうつなり
 み吉野の山の秋風さよ更けて ふるさと寒く衣打つなり

【097番歌】権中納言定家

  こぬひとをまつほのうらのゆふなきに やくやもしほのみもこかれつつ
 来ぬ人を松帆の浦の夕なぎに 焼くや藻塩の身もこがれつつ

【098番歌】従二位家隆

  かせそよくならのをかはのゆふくれは みそきそなつのしるしなりける
 風そよぐ楢の小川の夕暮は 御禊ぞ夏のしるしなりける
ページのTOPへ戻る