百人一首を職業で検索

「公卿」の職業検索:10首がヒットしました。

百人一首の検索結果

【014番歌】河原左大臣

  みちのくのしのふもちすりたれゆゑに みたれそめにしわれならなくに
 陸奥のしのぶもぢずりたれゆえに 乱れそめにしわれならなくに

【024番歌】菅家

  このたひはぬさもとりあへすたむけやま もみちのにしきかみのまにまに
 このたびは幣も取りあへず手向山 紅葉の錦神のまにまに

【025番歌】三条右大臣

  なにしおははあふさかやまのさねかつら ひとにしられてくるよしもかな
 名にし負はば逢う坂山のさねかずら 人に知られで来るよしもがな

【026番歌】貞信公

  をくらやまみねのもみちはこころあらは いまひとたひのみゆきまたなむ
 小倉山峰の紅葉葉心あらば いまひとたびのみゆき待たなむ

【045番歌】謙徳公

  あはれともいふへきひとはおもほえて みのいたつらになりぬへきかな
 あはれともいふべき人は思ほえで 身のいたずらになりぬべきかな

【076番歌】法性寺入道前関白太政大臣

  わたのはらこきいててみれはひさかたの くもゐにまかふおきつしらなみ
 わたの原漕ぎ出でて見ればひさかたの 雲居にまがふ沖つ白波

【081番歌】後徳大寺左大臣

  ほとときすなきつるかたをなかむれは たたありあけのつきそのこれる
 ほととぎす鳴きつる方をながむれば ただ有明の月ぞ残れる

【091番歌】後京極摂政前太政大臣

  きりきりすなくやしもよのさむしろに ころもかたしきひとりかもねむ
 きりぎりす鳴くや霜夜のさむしろに 衣かたしきひとりかも寝む

【093番歌】鎌倉右大臣

  よのなかはつねにもかもななきさこく あまのおふねのつなてかなしも
 世の中は常にもがもな渚漕ぐ 海人の小舟の綱手かなしも

【096番歌】入道前太政大臣

  はなさそふあらしのにはのゆきならて ふりゆくものはわかみなりけり
 花さそふ嵐の庭の雪ならで ふりゆくものはわが身なりけり
ページのTOPへ戻る