百人一首を職業で検索

「天皇」の職業検索:8首がヒットしました。

百人一首の検索結果

【001番歌】天智天皇

  あきのたのかりほのいほのとまをあらみ わかころもてはつゆにぬれつつ
 秋の田のかりほの庵の苫をあらみ わが衣手は露にぬれつつ

【002番歌】持統天皇

  はるすきてなつきにけらししろたへの ころもほすてふあまのかくやま
 春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣干すてふ天の香具山

【013番歌】陽成院

  つくはねのみねよりおつるみなのかわ こひそつもりてふちとなりぬる
 筑波嶺の峰より落つるみなの川 恋ぞ積もりて淵となりぬる

【015番歌】光孝天皇

  きみかためはるののにいててわかなつむ わかころもてにゆきはふりつつ
 君がため春の野に出でて若菜摘む わが衣手に雪は降りつつ

【068番歌】三条院

  こころにもあらてうきよになからへは こひしかるへきよはのつきかな
 心にもあらで憂き夜に長らへば 恋しかるべき夜半の月かな

【077番歌】崇徳院

  せをはやみいわにせかるるたきかはの われてもすゑにあはむとそおもふ
 瀬をはやみ岩にせかるる滝川の われても末に逢はむとぞ思ふ

【099番歌】後鳥羽院

  ひともをしひともうらめしあちきなく よをおもふゆゑにものおもふみは
 人も愛し人も恨めしあじきなく 世を思ふゆゑにもの思ふ身は

【100番歌】順徳院

  ももしきやふるきのきはのしのふにも なほあまりあるむかしなりけり
 百敷や古き軒端のしのぶにも なほ余りある昔なりけり
ページのTOPへ戻る