百人一首を職業で検索

「女房」の職業検索:19首がヒットしました。

百人一首の検索結果

【009番歌】小野小町

  はなのいろはうつりにけりないたつらに わかみよにふるなかめせしまに
 花の色は移りにけりないたづらに わが身世にふるながめせしまに

【019番歌】伊勢

  なにはかたみしかきあしのふしのまも あはてこのよをすくしてよとや
 難波潟短き蘆のふしの間も 逢はでこの世を過ぐしてよとや

【038番歌】右近

  わすらるるみをはおもはすちかひてし ひとのいのちのをしくもあるかな
 忘らるる身をば思はず誓ひてし 人の命の惜しくもあるかな

【053番歌】右大将道綱母

  なけきつつひとりぬるよのあくるまは いかにひさしきものとかはしる
 嘆きつつひとり寝る夜の明くる間は いかに久しきものとかは知る

【054番歌】儀同三司母

  わすれしのゆくすゑまてはかたけれは けふをかきりのいのちともかな
 忘れじのゆく末まではかたければ 今日を限りの命ともがな

【056番歌】和泉式部

  あらさらむこのよのほかのおもひてに いまひとたひのあふこともかな
 あらざらむこの世のほかの思ひ出に いまひとたびの逢ふこともがな

【057番歌】紫式部

  めくりあひてみしやそれともわかぬまに くもかくれにしよはのつきかけ
 めぐり逢ひて見しやそれとも分かぬ間に 雲隠れにし夜半の月影

【058番歌】大弐三位

  ありまやまゐなのささはらかせふけは いてそよひとをわすれやはする
 有馬山猪名の篠原風吹けば いでそよ人を忘れやはする

【059番歌】赤染衛門

  やすらはてねなましものをさよふけて かたふくまてのつきをみしかな
 やすらはで寝なましものをさ夜更けて かたぶくまでの月を見しかな

【060番歌】小式部内侍

  おほえやまいくののみちのとほけれは またふみもみすあまのはしたて
 大江山いく野の道の遠ければ まだふみも見ず天の橋立

【061番歌】伊勢大輔

  いにしへのならのみやこのやへさくら けふここのへににほひぬるかな
 いにしへの奈良の都の八重桜 けふ九重に匂ひぬるかな

【062番歌】清少納言

  よをこめてとりのそらねははかるとも よにあふさかのせきはゆるさし
 夜をこめて鳥のそら音ははかるとも よに逢坂の関は許さじ

【065番歌】相模

  うらみわひほさぬそてたにあるものを こひにくちなむなこそをしけれ
 恨みわび干さぬ袖だにあるものを 恋に朽ちなむ名こそ惜しけれ

【067番歌】周防内侍

  はるのよのゆめはかりなるたまくらに かひなくたたむなこそをしけれ
 春の夜の夢ばかりなる手枕に かひなく立たむ名こそをしけれ

【072番歌】祐子内親王家紀伊

  おとにきくたかしのはまのあたなみは かけしやそてのぬれもこそすれ
 音に聞く高師の浜のあだ波は かけじや袖のぬれもこそすれ

【080番歌】待賢門院堀河

  なかからむこころもしらすくろかみの みたれてけさはものをこそおもへ
 ながからむ心も知らず黒髪の 乱れてけさはものをこそ思へ

【088番歌】皇嘉門院別当

  なにはえのあしのかりねのひとよゆゑ みをつくしてやこひわたるへき
 難波江の蘆のかりねのひとよゆゑ 身を尽くしてや恋ひわたるべき

【090番歌】殷富門院大輔

  みせはやなをしまのあまのそてたにも ぬれにそぬれしいろはかはらす
 見せばやな雄島の海人の袖だにも 濡れにぞ濡れし色は変はらず

【092番歌】二条院讃岐

  わかそてはしほひにみえぬおきのいしの ひとこそしらねかわくまもなし
 わが袖は潮干に見えぬ沖の石の 人こそ知らねかわく間もなし
ページのTOPへ戻る