百人一首を職業で検索

「官人」の職業検索:32首がヒットしました。

百人一首の検索結果

【003番歌】柿本人麻呂

  あしひきのやまとりのをのしたりをの なかなかしよをひとりかもねむ
 あしびきの山鳥の尾のしだり尾の ながながし夜をひとりかも寝む

【004番歌】山辺赤人

  たこのうらにうちいててみれはしろたへの ふしのたかねにゆきはふりつつ
 田子の浦にうち出でて見れば白妙の 富士の高嶺に雪は降りつつ

【005番歌】猿丸大夫

  おくやまにもみちふみわけなくしかの こゑきくときそあきはかなしき
 奥山に紅葉踏み分け鳴く鹿の 声聞く時ぞ秋は悲しき

【007番歌】安倍仲麿

  あまのはらふりさけみれはかすかなる みかさのやまにいてしつきかも
 天の原ふりさけ見れば春日なる 三笠の山に出でし月かも

【010番歌】蝉丸

  これやこのゆくもかへるもわかれては しるもしらぬもあふさかのせき
 これやこの行くも帰るも別れては 知るも知らぬもあふ坂の関

【017番歌】在原業平朝臣

  ちはやふるかみよもきかすたつたかは からくれなゐにみつくくるとは
 ちはやぶる神代も聞かず竜田川 からくれなゐに水くくるとは

【018番歌】藤原敏行朝臣

  すみのえのきしによるなみよるさへや ゆめのかよひちひとめよくらむ
 住の江の岸に寄る波よるさへや 夢の通ひ路人目よくらむ

【022番歌】文屋康秀

  ふくからにあきのくさきのしをるれは むへやまかせをあらしといふらむ
 吹くからに秋の草木のしをるれば むべ山風をあらしといふらむ

【023番歌】大江千里

  つきみれはちちにものこそかなしけれ わかみひとつのあきにはあらねと
 月見ればちぢにものこそ悲しけれ わが身ひとつの秋にはあらねど

【028番歌】源宗于朝臣

  やまさとはふゆそさびしさまさりける ひとめもくさもかれぬとおもへは
 山里は冬ぞ寂しさまさりける 人目も草もかれぬと思へば

【029番歌】凡河内躬恒

  こころあてにおらはやおらむはつしもの おきまとはせるしらきくのはな
 心あてに折らばや折らむ初霜の 置きまどはせる白菊の花

【030番歌】壬生忠岑

  ありあけのつれなくみえしわかれより あかつきはかりうきものはなし
 有明のつれなく見えし別れより 暁ばかり憂きものはなし

【031番歌】坂上是則

  あさほらけありあけのつきとみるまてに よしののさとにふれるしらゆき
 朝ぼらけ有明の月と見るまでに 吉野の里に降れる白雪

【032番歌】春道列樹

  やまかはにかせのかけたるしからみは なかれもあへぬもみちなりけり
 山川に風のかけたるしがらみは 流れもあへぬ紅葉なりけり

【033番歌】紀友則

  ひさかたのひかりのとけきはるのひに しつこころなくはなのちるらむ
 ひさかたの光のどけき春の日に しづ心なく花の散るらむ

【034番歌】藤原興風

  たれをかもしるひとにせむたかさこの まつもむかしのともならなくに
 誰をかも知る人にせむ高砂の 松も昔の友ならなくに

【035番歌】紀貫之

  ひとはいさこころもしらすふるさとは はなそむかしのかににほひける
 人はいさ心も知らずふるさとは 花ぞ昔の香に匂ひける

【036番歌】清原深養父

  なつのよはまたよひなからあけぬるを くものいつこにつきやとるらむ
 夏の夜はまだ宵ながら明けぬるを 雲のいずこに月宿るらむ

【037番歌】文屋朝康

  しらつゆにかせのふきしくあきののは つらぬきとめぬたまそちりける
 白露に風の吹きしく秋の野は つらぬきとめぬ玉ぞ散りける

【040番歌】平兼盛

  しのふれといろにいてにけりわかこひは ものやおもふとひとのとふまて
 忍ぶれど色に出でにけりわが恋は ものや思ふと人の問ふまで

【041番歌】壬生忠見

  こひすてふわかなはまたきたちにけり ひとしれすこそおもひそめしか
 恋すてふわが名はまだき立ちにけり 人知れずこそ思ひそめしか

【042番歌】清原元輔

  ちきりきなかたみにそてをしほりつつ すゑのまつやまなみこさしとは
 契りきなかたみに袖をしぼりつつ 末の松山波越さじとは

【046番歌】曾禰好忠

  ゆらのとをわたるふなひとかちをたえ ゆくへもしらぬこひのみちかな
 由良の門を渡る舟人かぢを絶え ゆくへも知らぬ恋のみちかな

【048番歌】源重之

  かせをいたみいはうつなみのおのれのみ くたけてものをおもふころかな
 風をいたみ岩打つ波のおのれのみ くだけてものを思ふころかな

【049番歌】大中臣能宣朝臣

  みかきもりゑしのたくひのよるはもえ ひるはきえつつものをこそおもへ
 御垣守衛士のたく火の夜は燃え 昼は消えつつものをこそ思へ

【050番歌】藤原義孝

  きみかためおしからさりしいのちさへ なかくもかなとおもひけるかな
 君がため惜しからざりし命さへ 長くもがなと思ひけるかな

【051番歌】藤原実方朝臣

  かくとたにえやはいふきのさしもくさ さしもしらしなもゆるおもひを
 かくとだにえやは伊吹のさしも草 さしも知らじな燃ゆる思ひを

【052番歌】藤原道信朝臣

  あけぬれはくるるものとはしりなから なほうらめしきあさほらけかな
 明けぬれば暮るるものとは知りながら なほ恨めしき朝ぼらけかな

【074番歌】源俊頼朝臣

  うかりけるひとをはつせのやまおろしよ はけしかれとはいのらぬものを
 憂かりける人を初瀬の山おろしよ 激しかれとは祈らぬものを

【075番歌】藤原基俊

  ちきりおきしさせもかつゆをいのちにて あはれことしのあきもいぬめり
 契りおきしさせもが露を命にて あはれ今年の秋もいぬめり

【078番歌】源兼昌

  あはちしまかよふちとりのなくこゑに いくよねさめぬすまのせきもり
 淡路島通ふ千鳥の鳴く声に いく夜寝覚めぬ須磨の関守

【084番歌】藤原清輔朝臣

  なからへはまたこのころやしのはれむ うしとみしよそいまはこひしき
 長らへばまたこのごろやしのばれむ 憂しと見し世ぞ今は恋しき
ページのTOPへ戻る