百人一首を決まり字で検索

「1字決まり」の決まり字検索:7首がヒットしました。

百人一首の検索結果

【018番歌】藤原敏行朝臣

  すみのえのきしによるなみよるさへや ゆめのかよひちひとめよくらむ
 住の江の岸に寄る波よるさへや 夢の通ひ路人目よくらむ

【022番歌】文屋康秀

  ふくからにあきのくさきのしをるれは むへやまかせをあらしといふらむ
 吹くからに秋の草木のしをるれば むべ山風をあらしといふらむ

【057番歌】紫式部

  めくりあひてみしやそれともわかぬまに くもかくれにしよはのつきかけ
 めぐり逢ひて見しやそれとも分かぬ間に 雲隠れにし夜半の月影

【070番歌】良暹法師

  さひしさにやとをたちいててなかむれは いつくもおなしあきのゆふくれ
 寂しさに宿を立ち出でてながむれば いづくも同じ秋の夕暮れ

【077番歌】崇徳院

  せをはやみいわにせかるるたきかはの われてもすゑにあはむとそおもふ
 瀬をはやみ岩にせかるる滝川の われても末に逢はむとぞ思ふ

【081番歌】後徳大寺左大臣

  ほとときすなきつるかたをなかむれは たたありあけのつきそのこれる
 ほととぎす鳴きつる方をながむれば ただ有明の月ぞ残れる

【087番歌】寂蓮法師

  むらさめのつゆもまたひぬまきのはに きりたちのほるあきのゆふくれ
 村雨の露もまだ干ぬまきの葉に 霧立ちのぼる秋の夕暮
ページのTOPへ戻る