百人一首を決まり字で検索

「3字決まり」の決まり字検索:37首がヒットしました。

百人一首の検索結果

【001番歌】天智天皇

  あきのたのかりほのいほのとまをあらみ わかころもてはつゆにぬれつつ
 秋の田のかりほの庵の苫をあらみ わが衣手は露にぬれつつ

【002番歌】持統天皇

  はるすきてなつきにけらししろたへの ころもほすてふあまのかくやま
 春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣干すてふ天の香具山

【007番歌】安倍仲麿

  あまのはらふりさけみれはかすかなる みかさのやまにいてしつきかも
 天の原ふりさけ見れば春日なる 三笠の山に出でし月かも

【008番歌】喜撰法師

  わかいほはみやこのたつみしかそすむ よをうちやまとひとはいふなり
 わが庵は都の辰巳しかぞ住む 世をうぢ山と人はいふなり

【009番歌】小野小町

  はなのいろはうつりにけりないたつらに わかみよにふるなかめせしまに
 花の色は移りにけりないたづらに わが身世にふるながめせしまに

【012番歌】僧正遍昭

  あまつかせくものかよひちふきとちよ をとめのすかたしはしととめむ
 天つ風雲の通ひ路吹きとぢよ 乙女の姿しばしとどめむ

【021番歌】素性法師

  いまこむといひしはかりになかつきの ありあけのつきをまちいてつるかな
 今来むといひしばかりに長月の 有明の月を待ち出でつるかな

【025番歌】三条右大臣

  なにしおははあふさかやまのさねかつら ひとにしられてくるよしもかな
 名にし負はば逢う坂山のさねかずら 人に知られで来るよしもがな

【027番歌】中納言兼輔

  みかのはらわきてなかるるいつみかは いつみきとてかこひしかるらむ
 みかの原わきて流るるいづみ川 いつ見きとてか恋しかるらむ

【028番歌】源宗于朝臣

  やまさとはふゆそさびしさまさりける ひとめもくさもかれぬとおもへは
 山里は冬ぞ寂しさまさりける 人目も草もかれぬと思へば

【030番歌】壬生忠岑

  ありあけのつれなくみえしわかれより あかつきはかりうきものはなし
 有明のつれなく見えし別れより 暁ばかり憂きものはなし

【032番歌】春道列樹

  やまかはにかせのかけたるしからみは なかれもあへぬもみちなりけり
 山川に風のかけたるしがらみは 流れもあへぬ紅葉なりけり

【035番歌】紀貫之

  ひとはいさこころもしらすふるさとは はなそむかしのかににほひける
 人はいさ心も知らずふるさとは 花ぞ昔の香に匂ひける

【038番歌】右近

  わすらるるみをはおもはすちかひてし ひとのいのちのをしくもあるかな
 忘らるる身をば思はず誓ひてし 人の命の惜しくもあるかな

【039番歌】参議等

  あさちふのをののしのはらしのふれと あまりてなとかひとのこひしき
 浅茅生の小野の篠原忍ぶれど あまりてなどか人の恋しき

【044番歌】中納言朝忠

  あふことのたえてしなくはなかなかに ひとをもみをもうらみさらまし
 逢ふことの絶えてしなくはなかなかに 人をも身をも恨みざらまし

【045番歌】謙徳公

  あはれともいふへきひとはおもほえて みのいたつらになりぬへきかな
 あはれともいふべき人は思ほえで 身のいたずらになりぬべきかな

【048番歌】源重之

  かせをいたみいはうつなみのおのれのみ くたけてものをおもふころかな
 風をいたみ岩打つ波のおのれのみ くだけてものを思ふころかな

【049番歌】大中臣能宣朝臣

  みかきもりゑしのたくひのよるはもえ ひるはきえつつものをこそおもへ
 御垣守衛士のたく火の夜は燃え 昼は消えつつものをこそ思へ

【053番歌】右大将道綱母

  なけきつつひとりぬるよのあくるまは いかにひさしきものとかはしる
 嘆きつつひとり寝る夜の明くる間は いかに久しきものとかは知る

【054番歌】儀同三司母

  わすれしのゆくすゑまてはかたけれは けふをかきりのいのちともかな
 忘れじのゆく末まではかたければ 今日を限りの命ともがな

【056番歌】和泉式部

  あらさらむこのよのほかのおもひてに いまひとたひのあふこともかな
 あらざらむこの世のほかの思ひ出に いまひとたびの逢ふこともがな

【058番歌】大弐三位

  ありまやまゐなのささはらかせふけは いてそよひとをわすれやはする
 有馬山猪名の篠原風吹けば いでそよ人を忘れやはする

【060番歌】小式部内侍

  おほえやまいくののみちのとほけれは またふみもみすあまのはしたて
 大江山いく野の道の遠ければ まだふみも見ず天の橋立

【063番歌】左京大夫道雅

  いまはたたおもひたえなむとはかりを ひとつてならていふよしもかな
 今はただ思ひ絶えなむとばかりを 人づてならでいふよしもがな

【067番歌】周防内侍

  はるのよのゆめはかりなるたまくらに かひなくたたむなこそをしけれ
 春の夜の夢ばかりなる手枕に かひなく立たむ名こそをしけれ

【069番歌】能因法師

  あらしふくみむろのやまのもみちはは たつたのかはのにしきなりけり
 嵐吹く三室の山のもみぢ葉は 竜田の川の錦なりけり

【078番歌】源兼昌

  あはちしまかよふちとりのなくこゑに いくよねさめぬすまのせきもり
 淡路島通ふ千鳥の鳴く声に いく夜寝覚めぬ須磨の関守

【079番歌】左京大夫顕輔

  あきかせにたなひくくものたえまより もれいつるつきのかけのさやけさ
 秋風にたなびく雲のたえ間より 漏れ出づる月の影のさやけさ

【080番歌】待賢門院堀河

  なかからむこころもしらすくろかみの みたれてけさはものをこそおもへ
 ながからむ心も知らず黒髪の 乱れてけさはものをこそ思へ

【084番歌】藤原清輔朝臣

  なからへはまたこのころやしのはれむ うしとみしよそいまはこひしき
 長らへばまたこのごろやしのばれむ 憂しと見し世ぞ今は恋しき

【086番歌】西行法師

  なけけとてつきやはものをおもはする かこちかほなるわかなみたかな
 嘆けとて月やはものを思はする かこちがほなるわが涙かな

【092番歌】二条院讃岐

  わかそてはしほひにみえぬおきのいしの ひとこそしらねかわくまもなし
 わが袖は潮干に見えぬ沖の石の 人こそ知らねかわく間もなし

【095番歌】前大僧正慈円

  おほけなくうきよのたみにおほふかな わかたつそまにすみそめのそて
 おほけなく憂き世の民におほふかな わが立つ杣にすみ染の袖

【096番歌】入道前太政大臣

  はなさそふあらしのにはのゆきならて ふりゆくものはわかみなりけり
 花さそふ嵐の庭の雪ならで ふりゆくものはわが身なりけり

【098番歌】従二位家隆

  かせそよくならのをかはのゆふくれは みそきそなつのしるしなりける
 風そよぐ楢の小川の夕暮は 御禊ぞ夏のしるしなりける

【099番歌】後鳥羽院

  ひともをしひともうらめしあちきなく よをおもふゆゑにものおもふみは
 人も愛し人も恨めしあじきなく 世を思ふゆゑにもの思ふ身は
ページのTOPへ戻る