百人一首をテーマで検索

「秋」のテーマ検索:17首がヒットしました。

百人一首の検索結果

【001番歌】天智天皇

  あきのたのかりほのいほのとまをあらみ わかころもてはつゆにぬれつつ
 秋の田のかりほの庵の苫をあらみ わが衣手は露にぬれつつ

【005番歌】猿丸大夫

  おくやまにもみちふみわけなくしかの こゑきくときそあきはかなしき
 奥山に紅葉踏み分け鳴く鹿の 声聞く時ぞ秋は悲しき

【017番歌】在原業平朝臣

  ちはやふるかみよもきかすたつたかは からくれなゐにみつくくるとは
 ちはやぶる神代も聞かず竜田川 からくれなゐに水くくるとは

【022番歌】文屋康秀

  ふくからにあきのくさきのしをるれは むへやまかせをあらしといふらむ
 吹くからに秋の草木のしをるれば むべ山風をあらしといふらむ

【023番歌】大江千里

  つきみれはちちにものこそかなしけれ わかみひとつのあきにはあらねと
 月見ればちぢにものこそ悲しけれ わが身ひとつの秋にはあらねど

【026番歌】貞信公

  をくらやまみねのもみちはこころあらは いまひとたひのみゆきまたなむ
 小倉山峰の紅葉葉心あらば いまひとたびのみゆき待たなむ

【029番歌】凡河内躬恒

  こころあてにおらはやおらむはつしもの おきまとはせるしらきくのはな
 心あてに折らばや折らむ初霜の 置きまどはせる白菊の花

【030番歌】壬生忠岑

  ありあけのつれなくみえしわかれより あかつきはかりうきものはなし
 有明のつれなく見えし別れより 暁ばかり憂きものはなし

【037番歌】文屋朝康

  しらつゆにかせのふきしくあきののは つらぬきとめぬたまそちりける
 白露に風の吹きしく秋の野は つらぬきとめぬ玉ぞ散りける

【047番歌】恵慶法師

  やへむくらしけれるやとのさひしきに ひとこそみえねあきはきにけり
 八重むぐら茂れる宿の寂しきに 人こそ見えね秋は来にけり

【069番歌】能因法師

  あらしふくみむろのやまのもみちはは たつたのかはのにしきなりけり
 嵐吹く三室の山のもみぢ葉は 竜田の川の錦なりけり

【070番歌】良暹法師

  さひしさにやとをたちいててなかむれは いつくもおなしあきのゆふくれ
 寂しさに宿を立ち出でてながむれば いづくも同じ秋の夕暮れ

【071番歌】大納言経信

  ゆうされはかとたのいなはおとつれて あしのまろやにあきかせそふく
 夕されば門田の稲葉訪れて 蘆のまろ屋に秋風ぞ吹く

【079番歌】左京大夫顕輔

  あきかせにたなひくくものたえまより もれいつるつきのかけのさやけさ
 秋風にたなびく雲のたえ間より 漏れ出づる月の影のさやけさ

【087番歌】寂蓮法師

  むらさめのつゆもまたひぬまきのはに きりたちのほるあきのゆふくれ
 村雨の露もまだ干ぬまきの葉に 霧立ちのぼる秋の夕暮

【091番歌】後京極摂政前太政大臣

  きりきりすなくやしもよのさむしろに ころもかたしきひとりかもねむ
 きりぎりす鳴くや霜夜のさむしろに 衣かたしきひとりかも寝む

【094番歌】参議雅経

  みよしののやまのあきかせさよふけて ふるさとさむくころもうつなり
 み吉野の山の秋風さよ更けて ふるさと寒く衣打つなり
ページのTOPへ戻る