百人一首をテーマで検索

「雑」のテーマ検索:19首がヒットしました。

百人一首の検索結果

【008番歌】喜撰法師

  わかいほはみやこのたつみしかそすむ よをうちやまとひとはいふなり
 わが庵は都の辰巳しかぞ住む 世をうぢ山と人はいふなり

【010番歌】蝉丸

  これやこのゆくもかへるもわかれては しるもしらぬもあふさかのせき
 これやこの行くも帰るも別れては 知るも知らぬもあふ坂の関

【012番歌】僧正遍昭

  あまつかせくものかよひちふきとちよ をとめのすかたしはしととめむ
 天つ風雲の通ひ路吹きとぢよ 乙女の姿しばしとどめむ

【034番歌】藤原興風

  たれをかもしるひとにせむたかさこの まつもむかしのともならなくに
 誰をかも知る人にせむ高砂の 松も昔の友ならなくに

【055番歌】大納言公任

  たきのおとはたえてひさしくなりぬれと なこそなかれてなほきこえけれ
 滝の音は絶えて久しくなりぬれど 名こそ流れてなほ聞こえけれ

【057番歌】紫式部

  めくりあひてみしやそれともわかぬまに くもかくれにしよはのつきかけ
 めぐり逢ひて見しやそれとも分かぬ間に 雲隠れにし夜半の月影

【060番歌】小式部内侍

  おほえやまいくののみちのとほけれは またふみもみすあまのはしたて
 大江山いく野の道の遠ければ まだふみも見ず天の橋立

【062番歌】清少納言

  よをこめてとりのそらねははかるとも よにあふさかのせきはゆるさし
 夜をこめて鳥のそら音ははかるとも よに逢坂の関は許さじ

【066番歌】前大僧正行尊

  もろともにあはれとおもへやまさくら はなよりほかにしるひともなし
 もろともにあはれと思え山桜 花よりほかに知る人もなし

【067番歌】周防内侍

  はるのよのゆめはかりなるたまくらに かひなくたたむなこそをしけれ
 春の夜の夢ばかりなる手枕に かひなく立たむ名こそをしけれ

【068番歌】三条院

  こころにもあらてうきよになからへは こひしかるへきよはのつきかな
 心にもあらで憂き夜に長らへば 恋しかるべき夜半の月かな

【075番歌】藤原基俊

  ちきりおきしさせもかつゆをいのちにて あはれことしのあきもいぬめり
 契りおきしさせもが露を命にて あはれ今年の秋もいぬめり

【076番歌】法性寺入道前関白太政大臣

  わたのはらこきいててみれはひさかたの くもゐにまかふおきつしらなみ
 わたの原漕ぎ出でて見ればひさかたの 雲居にまがふ沖つ白波

【083番歌】皇太后宮大夫俊成

  よのなかよみちこそなけれおもひいる やまのおくにもしかそなくなる
 世の中よ道こそなけれ思ひ入る 山の奥にも鹿ぞ鳴くなる

【084番歌】藤原清輔朝臣

  なからへはまたこのころやしのはれむ うしとみしよそいまはこひしき
 長らへばまたこのごろやしのばれむ 憂しと見し世ぞ今は恋しき

【095番歌】前大僧正慈円

  おほけなくうきよのたみにおほふかな わかたつそまにすみそめのそて
 おほけなく憂き世の民におほふかな わが立つ杣にすみ染の袖

【096番歌】入道前太政大臣

  はなさそふあらしのにはのゆきならて ふりゆくものはわかみなりけり
 花さそふ嵐の庭の雪ならで ふりゆくものはわが身なりけり

【099番歌】後鳥羽院

  ひともをしひともうらめしあちきなく よをおもふゆゑにものおもふみは
 人も愛し人も恨めしあじきなく 世を思ふゆゑにもの思ふ身は

【100番歌】順徳院

  ももしきやふるきのきはのしのふにも なほあまりあるむかしなりけり
 百敷や古き軒端のしのぶにも なほ余りある昔なりけり
ページのTOPへ戻る